FC2ブログ

たった1通で人を動かすメールの仕掛け

みなさんも毎日たくさんのメールを書いていることと思いますが、


もし、自分の書いたメールで人が思い通りに行動してくれる方法があるとしたら、知りたくありませんか?


友人、上司、部下、恋人、妻(夫)そしてお客さまなど・・・

ちょっとしたスパイスを加えるだけで人が動き出すメールが書けるようになるんです。



そんな夢のようなメールの書き方を教えてくれるのは、私のマイミクでもある

ソウルメールの達人 浅野ヨシオさん



浅野さんは、28年間彼女がいなかったにも関わらず、その後、200人の女性とネットで出会い、
探し始めてから2か月以内に2回の結婚に成功。

さらにこの1年半で、100人を超えるビジネス書作家・有名起業家らとの交流を実現しています。


それらを実現したのが、浅野さんの人の心を掴むメール力なのです。


浅野さんの詳しいプロフィールはこちら


その力は、多忙なビジネス書作家や起業家の人たちが、どんなに忙しくても、浅野さんから
メールが来ると、我慢できずにすぐ読んでしまうというほどです。



そのテクニックを惜しげもなく披露したのが


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


「たった1通で人を動かすメールの仕掛け」

たった1通で人を動かすメールの仕掛け (プレイブックス 902)
青春出版社 2009-08-25
売り上げランキング : 30836


Amazonで詳しく見る


目次

Chapter1 論より証拠!
この「7つの仕掛け」で、メールに罠トラップをかけよ!

Chapter2 思わず開いてしまう!
メールタイトルの「ずるい仕掛け」

Chapter3 読まずにはいられない!
メール文章の「うまい仕掛け」

Chapter4 1度読んだらもう忘れない!
自分を印象づける「さりげない仕掛け」

Chapter5 なぜか気になる存在に!
心の距離を一気に縮める「ゆさぶる仕掛け」

Chapter6 いつの間にかその気になる!
人を思い通りに操る「禁断の仕掛け」

Chapter7 相手の心に突き刺さる!
返信・お礼メールの「ニクい仕掛け」 

Chapter8 憧れのあの人とも知り合いに!
人脈が面白いように広がる「ワザありの仕掛け」



私も読んでみましたが、テクニックを使う前の状態から始まって、徐々にそのテクニックを
使っていく様子が、ステップごとに書かれています。

しかも例文つき、かつ、ポイントを1つずつわかりやすく解説してくれているので、 読んだ
瞬間からすぐに使えます。

みなさんもぜひこの本のテクニックを使って、どんどんメールを書いてみてください。

きっとあなたのファンが増えると思います。


そして、まわりの人から、

「○○さんからメールが来るとうれしい!」

「○○さんからメールをもらうと元気がでる!」

「○○さんのメールが待ち遠しい!」

「○○さんともっと話したい!」

などと言われてください!




そして、この本

本日8月26日AM9:00~明日27日のPM23:59までに

アマゾンで購入していただくと

参加者全員にプレゼントが用意されています!




特典は2つ。

特典その1

「まだあった!ひとのこころを動かすメールの裏技集」(PDF)

お客さまへの対応メールの裏技・やさしく見えるメールの「見せ方」・飲み会でひとを集めるメール術まで。
本に掲載していないメール術を公開します。


特典その2

著者がお見合いサイト(※結婚を考えている男女限定の出会いサイト)で使ったメール術:

「メールに書かなければならない女性のこころをつかむ5ポイント」(PDF)
(※女性の方も必読。男性のこんなところを聞き出しましょう!)


ネット婚活期間合計5ヶ月で、200人の女性とメール交換し、2人の妻をつかんだ著者が必ずメールに書いた5つのポイントを公開!
縁もゆかりもない結婚を考えている女性に著者はこのポイントを抑えたメールを書いて多くの女性に会い続けました。既婚者の方も「覗き見気分」で読んでください☆


詳細は

『たった一通でひとを動かすメールの仕掛け』
 ☆アマゾンキャンペーンのお知らせ☆
  http://www.asanoyoshio.com/amazon/


でご確認ください。







スポンサーサイト



テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

デキる人は皆やっている 一流の人脈術 Amazonキャンペーン

私の知り合いに島田昭彦さんと言う方がいます。

島田さんは、雑誌Numberの記者をされていた方で、現在はクリップと言う会社で、地元京都の伝統と新しい技術を組み合わせたり、京都と世界を橋渡しするような壮大な仕事をされています。

会社のコンセプトは、ヒト、コト、モノ、文化をクリップ(引き合わせ)するです。

サントリー伊右衛門と京友禅の老舗「千總(ちそう)」を引き合わせて、YEMON SALON KYOTOをプロデュースしたり、廃れていく和傘の技術を照明として蘇らせたり(102号室のデザインもされたみたいです)と、すでに大きな実績を残されています。

また、京都府の広報アドバイザー、京都カラスマ大学の理事兼副学長でもあります。

近況を伺ったところによると、最近は、ドバイに京都のような街並みを作りたいという依頼を受けてドバイに視察に行ったり、インドに日本食を広めるために、今週もムンバイに行かれているそうです。

交友関係も非常に広く、元サッカー日本代表の中田英寿さんや、元F1ドライバーの片山右京さん、伊勢丹のカリスマバイヤー → 福助社長 → 現フジマキジャパン社長の藤巻幸夫さんなど、世界や日本で有名な方から、私のような無名な者(笑)まで、1万人以上の方とお付き合いがあるそうです。


前フリが長くなりましたが、その島田さんの本が、発売されました!

先日のBBMでも紹介されていましたが、タイトルは、

「デキる人は皆やっている 一流の人脈術」(明日香出版)

デキる人は皆やっている 一流の人脈術島田 昭彦

明日香出版社 2008-11-07
売り上げランキング : 9

おすすめ平均 star
star熱く、力強く、でも、心地よく背中を押してくれるメッセージの数々。
star本当にマネできる「人脈術」が満載です!!
star実践に裏付けられています


です。


この「デキる人は皆やっている 一流の人脈術」ですが、現在(11/12~13)、Amazonキャンペーン実施中です。

詳細は、 http://www.bookcampaign.com/dsp_html.php?b_id=bok00018&k_id=kai00173からどうぞ。

■特典その1■

藤巻 幸夫氏 × 島田対談トークショーご招待

六本木ヒルズで開催のトークセミナーに抽選で50名様ご招待


■特典その2■

千葉 智之 氏 × 島田「人脈術」特別対談

【人脈の達人】が語り合う音声ファイルプレゼント


■特典その3■

出版記念パーティ@京都

【人脈の達人】が集まるパーティに20名様ご招待



先に紹介したとおり、島田さんはとても広い交友関係をお持ちなのですが、その人脈を広げるときに行っている準備、しかけ、心がけ、気遣い、もてなしの仕方などを、惜しげもなく公開しています。
また、「名刺は捨てるな」「セカンドアポは老舗のそば屋へ誘え」など、類書にはない独自の方法が書かれています。


実は私、このたび、生まれて初めて献本と言うものをしていただきました。
もちろんお相手は、著者の島田さんです。

なぜそんなことになったかと言うと、島田さんがこの本を書くにあたり、一般のビジネスパーソンは人脈を築くに当たって、どんなことに困っているのか?と言うことが知りたくて、島田さんの数多いる人脈の中から、ビジネスの最前線で働く、入社15年目ぐらいまでの20人を厳選したらしいのですが、幸運にもそのうちの1人に私が選ばれたのです。

もちろん、私は即、快諾。
喜んですぐに回答しました。

そして、実際に本が届いたので、読んでみましたが、私の質問に対する回答が書かれていました。

ちょっと例を挙げると

・アンテナを広げる上でチェックしておいた方が良いテレビ番組、雑誌、新聞、メルマガの紹介

・特徴を覚えておいてもらうための工夫をする

・相手の共通点を瞬間的に見抜く

・相手の何か特徴的な持ち物を褒めてあげる

・出会って短期間にもう一度会う(極力1週間以内に)

などがそうです。


そして読み進めて行くと、またビックリ!

なんと、これまた知人である永井さんのことが書かれているではありませんか!

永井さんと掲載されているので、もしやと思って読んでみると、著者の講演会のチケットを予約して・・・と書いてあります。
これはまさしく永井さんがいつもしてくれていることで、私も実際にお誘いいただきました。
この永井流人脈構築術の話は、4ページに渡って紹介されています。


テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

紀伊國屋新宿本店ブックフェア 

9月15日から10月5日まで、紀伊國屋新宿本店で『お手軽本にさよなら!本当に「できる人」になるための問題解決本フェア』が開催されます。

このフェアで、野口吉昭さんの『コンサルタントの「質問力」』と、横田尚哉さんの『ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ』を同時に買うと、非売品の講演セミナーのCDが特典として付いてきます。 

CDは、8月7日に行われたセミナーの収録CDです。

最強の自分マーケティング10 
「伸びる人・稼げる人の絶対条件「質問力」を手に入れる!」 

元Amazonのカリスマバイヤー土井英司さんが、HRI代表であるコンサルタントの野口吉昭さん、ファンクショナル・アプローチの横田尚哉さんの2人のコンサルタントを向かえ、「質問力」をテーマに対談しました。

私もこのセミナーを聞きに行ったのですが、実際に目の前で見ると、野口さんは写真より若く、服もオシャレで、なかなかダンディーでした。
また、コンサルタントと言うことで、よく言えば理路整然としている、悪く言うと理屈っぽい感じの人かと思っていましたが、笑いや人情の機微にも精通していて、とても面白い方でした。
話上手です。
右脳と左脳の使い方のバランスが良い人なのだと思います。

横田さんは、このとき初めて知ったのですが、公共事業のコストを10年で2000億円削減した建設コンサルタントです。
それは何のためなのか?それは誰のためなのか?という極めてシンプルな質問をすることで、お役所の人たちが、本当にそれが必要なのか?と言うことを自問するようになり、無駄な建設を止めるそうです。
対談では、土井さんの「なぜコンサルタントになったのですか?」と言う質問に、「日本の未来のためには、自分がやらねばと思って」と答えていました(正確なやりとりは忘れてしまいましたが、だいたいこういう感じでした)。
往年のアニメ、新造人間キャシャーンのようなセリフですが、私はこのとき、思わず拍手をしそうになってしまいました(笑)。
見た目に似合わず、心の中は熱い人です。
横田さんとは、その後メールで何度かやり取りもさせていただき、ミクシィでマイミクにもなっていただきました。

会場に行けなかった方、もう一度聞きたい方は、お急ぎください。
特典は先着限定となっています。
ブックフェアは10月5日までですが、特典はすぐになくなる可能性があります! 

まだこの2冊を買っていない方は、この機会にぜひどうぞ。
このフェアは、新宿本店のみのフェアです。
ネットや他店舗で買っても意味がありません。

ワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめワンランク上の問題解決の技術《実践編》 視点を変える「ファンクショナル・アプローチ」のすすめ
横田 尚哉

ディスカヴァー・トゥエンティワン

コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書 52)コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書 52)
野口 吉昭

PHP研究所

テーマ : 書店 - ジャンル : 本・雑誌