FC2ブログ

たった1通で人を動かすメールの仕掛け

みなさんも毎日たくさんのメールを書いていることと思いますが、


もし、自分の書いたメールで人が思い通りに行動してくれる方法があるとしたら、知りたくありませんか?


友人、上司、部下、恋人、妻(夫)そしてお客さまなど・・・

ちょっとしたスパイスを加えるだけで人が動き出すメールが書けるようになるんです。



そんな夢のようなメールの書き方を教えてくれるのは、私のマイミクでもある

ソウルメールの達人 浅野ヨシオさん



浅野さんは、28年間彼女がいなかったにも関わらず、その後、200人の女性とネットで出会い、
探し始めてから2か月以内に2回の結婚に成功。

さらにこの1年半で、100人を超えるビジネス書作家・有名起業家らとの交流を実現しています。


それらを実現したのが、浅野さんの人の心を掴むメール力なのです。


浅野さんの詳しいプロフィールはこちら


その力は、多忙なビジネス書作家や起業家の人たちが、どんなに忙しくても、浅野さんから
メールが来ると、我慢できずにすぐ読んでしまうというほどです。



そのテクニックを惜しげもなく披露したのが


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


「たった1通で人を動かすメールの仕掛け」

たった1通で人を動かすメールの仕掛け (プレイブックス 902)
青春出版社 2009-08-25
売り上げランキング : 30836


Amazonで詳しく見る


目次

Chapter1 論より証拠!
この「7つの仕掛け」で、メールに罠トラップをかけよ!

Chapter2 思わず開いてしまう!
メールタイトルの「ずるい仕掛け」

Chapter3 読まずにはいられない!
メール文章の「うまい仕掛け」

Chapter4 1度読んだらもう忘れない!
自分を印象づける「さりげない仕掛け」

Chapter5 なぜか気になる存在に!
心の距離を一気に縮める「ゆさぶる仕掛け」

Chapter6 いつの間にかその気になる!
人を思い通りに操る「禁断の仕掛け」

Chapter7 相手の心に突き刺さる!
返信・お礼メールの「ニクい仕掛け」 

Chapter8 憧れのあの人とも知り合いに!
人脈が面白いように広がる「ワザありの仕掛け」



私も読んでみましたが、テクニックを使う前の状態から始まって、徐々にそのテクニックを
使っていく様子が、ステップごとに書かれています。

しかも例文つき、かつ、ポイントを1つずつわかりやすく解説してくれているので、 読んだ
瞬間からすぐに使えます。

みなさんもぜひこの本のテクニックを使って、どんどんメールを書いてみてください。

きっとあなたのファンが増えると思います。


そして、まわりの人から、

「○○さんからメールが来るとうれしい!」

「○○さんからメールをもらうと元気がでる!」

「○○さんのメールが待ち遠しい!」

「○○さんともっと話したい!」

などと言われてください!




そして、この本

本日8月26日AM9:00~明日27日のPM23:59までに

アマゾンで購入していただくと

参加者全員にプレゼントが用意されています!




特典は2つ。

特典その1

「まだあった!ひとのこころを動かすメールの裏技集」(PDF)

お客さまへの対応メールの裏技・やさしく見えるメールの「見せ方」・飲み会でひとを集めるメール術まで。
本に掲載していないメール術を公開します。


特典その2

著者がお見合いサイト(※結婚を考えている男女限定の出会いサイト)で使ったメール術:

「メールに書かなければならない女性のこころをつかむ5ポイント」(PDF)
(※女性の方も必読。男性のこんなところを聞き出しましょう!)


ネット婚活期間合計5ヶ月で、200人の女性とメール交換し、2人の妻をつかんだ著者が必ずメールに書いた5つのポイントを公開!
縁もゆかりもない結婚を考えている女性に著者はこのポイントを抑えたメールを書いて多くの女性に会い続けました。既婚者の方も「覗き見気分」で読んでください☆


詳細は

『たった一通でひとを動かすメールの仕掛け』
 ☆アマゾンキャンペーンのお知らせ☆
  http://www.asanoyoshio.com/amazon/


でご確認ください。







スポンサーサイト



テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

ぼうず丸もうけのカラクリ

すっかりサボっていて、久しぶりの更新となりました。

今までの書き方だと、書くのに時間がかかってしまうため、今回から書き方を変えることにしました。



その再開第一回目ですが、ショーエンKさん「ぼうず丸もうけのカラクリ」です。

ぼうず丸もうけとは、昔から言われていることですが、実際、お坊さんがどれだけ儲けているのか?ということは、我々にはまったくわかりません。

せいぜいわかっているのは、税金を優遇されているんだろうなと言う程度。

果たして実態はどうなっているのか・・・


そのひみつを現役のお坊さんが教えてしまうというのが、この本です。


「ぼうず丸もうけ」のカラクリ
ダイヤモンド社 2009-07-17
売り上げランキング : 277

おすすめ平均 star
starあとは、どう応用するか!
star坊主丸儲けと思っていたけれど・・・
starお坊さんと結婚する方法があったなんて!



まずは優遇されている税金についてですが、「お寺を守る10の結界」でバッチリ明かしてくれています。

その他にも、お寺のビジネスモデルと言うべき仕組みが書かれていて、お葬式や法事のときにお経をあげるだけでなく、いろいろなことをやっているのがわかります。


他にも、お坊さんならではの苦労やお坊さんとの結婚方法など、ユーモアを交えた読みやすい文体で書かれていて、楽しみながらお坊さんの世界がわかるようになっています。


また、この本、ただお坊さんの実態やお寺の暴露話を書いているわけではありません。

お布施の額はどうしたら良いのか?

戒名は必ずつけなければいけないのか?

お墓を移す場合にはどうしたら良いのか?

などの実用的なことや、お坊さんとの付き合い方などについても書かれています。


タイトルだけ見ると暴露本のように見えますが、とかくわかりづらいお寺やお坊さんの世界を、きちんと知ってもらいたいと言う著者の思いのこもった本となっています。



私は親と年が離れていて、伯父や伯母ですでに亡くなった人も何人かいます。

最近は親の代わりに法事に出たり、両親の(いずれは私も)入るお墓を探してもらったりと、お寺の住職さんとお会いする機会が増えました(ちなみにこの本には、お坊さん、和尚、僧侶、住職の違いも書いてあります)。
今後もますますお世話になっていくと思いますが、この本のおかげで、住職さんが今までより身近に感じることができました。

いずれはみな死を迎えるわけですし、あまり伺い知ることのできないお坊さんの世界を知ることができるので、多くの人におすすめできます。
特に私のように親が高齢な人、長男の人などは、読んでおくと必ず役に立つと思います。

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌