FC2ブログ

お金を稼ぐ!勉強法

「お金を稼ぐ!」勉強法「お金を稼ぐ!」勉強法
藤井孝一

三笠書房 2008-07-18



藤井孝一さんの「お金を稼ぐ!勉強法(三笠書房)」です。

社会人のための勉強法について書かれた本です。
「社会人の勉強は投資なので、回収してはじめて意味がある」、「ただインプットするのではなく、アウトプットをすることによって、収入増加につなげよう」と言う趣旨になっています。
本書は、そのための考え方、意識の持ち方、テーマの見つけ方、目標の立て方、教材となるメディアの選び方、モチベーションの維持のしかた、アウトプットのしかたなどが書かれています。
勉強法としては、勉強を始めてそれを公言することによって、後に引けない状況に追い込み、飛躍的な伸びにつなげるという方法なのだと思います。
また、藤井さんは週末起業フォーラム(私も一度セミナーに参加しました)を主催されている方なので、週末起業を始めようという人のヒントにもなる内容になっています。

「レバレッジ勉強法(本田直之さん)」や「「稼ぐ力」が身につく大人の勉強法(松尾昭仁さん)」など(いずれ紹介したいと思います)にも似たようなことが書いてあります。
これらの本をまだ読んでなくて、これから読んでみたいと言う人には、この本が一番読みやすいかもしれません(他の2冊は結構前に読んだので、記憶が曖昧ではありますが・・・)。

「最短で結果が出る○超勉強法(荘司雅彦さん)」(こちらもいずれ紹介したいと思います)は、また色が違っており、いわゆる勉強のしかたについて、細かく説明されています。
こちらは、受験を目指す学生さんや、資格取得の勉強をしている方にもおすすめです。


■読みメモ 

儲けたら、必ず儲けの一部を仕事を取るための先行投資に使う。

「名実ともに」と言うが、最初に「名」ありき。やっているうちに「実」が伴ってくる。まずは名乗って、やってみて、少しずつ実績を積んで、気がつくと自信がついている。

「自分はこれをやりたい」という気持ちだけではダメ。会社や世の中が求めているものについて「専門家」を名乗ることが大切。「稼ぐこと」は「人の役に立つこと」という視点を忘れない。

学びの効果を上げるためには、「困る」のが一番。人は困った経験があるから学ぶ。

一人で勉強しない。勉強仲間をつくって支え合い、教え合う。勉強していることを隠さず周りに公言する。

モチベーションを維持するには、成長を実感できる仕組みをつくる。

勉強したらすぐに使い、使いながら勉強する。勉強したことをブログ、メルマガ、SNSなどで発信する。勉強会を主催し、講師を務める。

知識が身についてから本を書くのではなく、本を書くことで勉強する。専門家が本を書くのではなくて、本を書いて専門家になる。

原稿を書いて、投稿してみる。まずは業界誌や専門誌が狙い目。インターネットのサイトに投稿するのもお勧め。紙媒体より、ハードルはずっと低くなる。その分、原稿料も安いが、駆け出しの頃は仕事を選ばない。

無料で実績をつくりながら、同時にノウハウにしていく。商品はお客さんとのやりとりの過程でつくることが大切。まずは「見込み客」と知り合う。

何か新しいことをやる場合、専門家に意見を聞くより、それですでに成功している人に意見を聞いたほうが的確なアドバイスがもらえる。先達の話を聞くことは、時に何千万円の価値を生む。

わからないときは、そこで立ち止まらず、わからないままにしておく。何度も何度も繰り返して、回を重ねるごとに、少しずつ深堀りしていく。

情報量では、本がまさっているが、ポイントを押さえる点では、講座が優れている。

年収2000万円以上の人は、古典や偉人伝、歴史書など、一見、仕事に関係ないような、教養に重点を置いた書籍を読んでいる。それ以下の人は、すぐに役立つ実用系の書籍を手に取る傾向がある。

家族にきちんと説明して理解してもらう。家族と目的を共有する。


■こんな人におすすめ

普段、本を読んだり、資格を取得したりと、勉強している割には、それが給料などに反映されていない人

インプット偏重の勉強をしていて、アウトプットをしていない人

これから新たに何か勉強を始めてみようと思っている人

副業を始めたり、新たな収入源を作ろうと思っている人
スポンサーサイト



テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル : 本・雑誌