FC2ブログ

ぼうず丸もうけのカラクリ

すっかりサボっていて、久しぶりの更新となりました。

今までの書き方だと、書くのに時間がかかってしまうため、今回から書き方を変えることにしました。



その再開第一回目ですが、ショーエンKさん「ぼうず丸もうけのカラクリ」です。

ぼうず丸もうけとは、昔から言われていることですが、実際、お坊さんがどれだけ儲けているのか?ということは、我々にはまったくわかりません。

せいぜいわかっているのは、税金を優遇されているんだろうなと言う程度。

果たして実態はどうなっているのか・・・


そのひみつを現役のお坊さんが教えてしまうというのが、この本です。


「ぼうず丸もうけ」のカラクリ
ダイヤモンド社 2009-07-17
売り上げランキング : 277

おすすめ平均 star
starあとは、どう応用するか!
star坊主丸儲けと思っていたけれど・・・
starお坊さんと結婚する方法があったなんて!



まずは優遇されている税金についてですが、「お寺を守る10の結界」でバッチリ明かしてくれています。

その他にも、お寺のビジネスモデルと言うべき仕組みが書かれていて、お葬式や法事のときにお経をあげるだけでなく、いろいろなことをやっているのがわかります。


他にも、お坊さんならではの苦労やお坊さんとの結婚方法など、ユーモアを交えた読みやすい文体で書かれていて、楽しみながらお坊さんの世界がわかるようになっています。


また、この本、ただお坊さんの実態やお寺の暴露話を書いているわけではありません。

お布施の額はどうしたら良いのか?

戒名は必ずつけなければいけないのか?

お墓を移す場合にはどうしたら良いのか?

などの実用的なことや、お坊さんとの付き合い方などについても書かれています。


タイトルだけ見ると暴露本のように見えますが、とかくわかりづらいお寺やお坊さんの世界を、きちんと知ってもらいたいと言う著者の思いのこもった本となっています。



私は親と年が離れていて、伯父や伯母ですでに亡くなった人も何人かいます。

最近は親の代わりに法事に出たり、両親の(いずれは私も)入るお墓を探してもらったりと、お寺の住職さんとお会いする機会が増えました(ちなみにこの本には、お坊さん、和尚、僧侶、住職の違いも書いてあります)。
今後もますますお世話になっていくと思いますが、この本のおかげで、住職さんが今までより身近に感じることができました。

いずれはみな死を迎えるわけですし、あまり伺い知ることのできないお坊さんの世界を知ることができるので、多くの人におすすめできます。
特に私のように親が高齢な人、長男の人などは、読んでおくと必ず役に立つと思います。
スポンサーサイト



テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます